自己分析をすることの大切さ

自己分析をしてみよう

 面接官は応募者による面接での言動で、最終的に採否を決定します。それだけに、面接での受け答えは、転職の成功に大きな影響を及ぼします。面接で質問されることの多くは、自己分析がしっかり出来ていれば答えられるものです。面接で質問されることの多くは、応募者自身のことだからです。自己紹介も自己アピールも志望の動機も、例外なく応募者自身のことなのです。それだけに、面接での受け答えは事前の自己分析が大切になってくるのです。

 

自己分析は紙に書いてみる

 自己分析をしてみると、意外と自分で自分自身のことが分からないことに気づくこともあります。逆に、今まで気づかなかった自分の長所や短所、強みや弱点が見えてくるかもしれません。自己分析をする際のポイントは、紙に自分のことを書いてみることです。自分が今まで行ってきた仕事の経験や達成できた目標、達成できなかった目標など、制約はいらないので自分のことを書き出してみるのです。紙に書くという行為は、自分を客観的に見ることができる行為です。客観的に自分を分析できるということは、面接の際に非常に有効に作用します。面接官は質問そのものを答えることに加え、自分を客観的に分析できているかを見ていることが多いからです。転職活動をする上で、自己分析はとても大切で有効な作業です。