30代の転職者への支援

転職したい。一時的にそう思うことはしょっちゅうあると思います。では、いつ転職するの? 今でしょう。とは、いきません。
普段から、転職したいと思ったときにメモを取る習慣をつけましょう。箇条書きで何故転職したいと思ったのかを書き留めておくのです。これが三ヶ月あたり何個になったら転職する、それまでは頑張ると決めると良いです。個数はどれくらいでメモを取るかが人によって違うので、自分で決めましょう。三ヶ月とは仕事によりますが、一ヶ月だけ忙しい職種などもあるかも知れませんし、あまり長いと感覚が麻痺してしてしまうこともあります。

 

30代転職

 

転職35歳限界説は昔の話?30代後半から40代のミドル層 求人増を予想 転職コンサルの7割 - MSN産経ニュース

 

ただし、何か嬉しいことがあったときもメモを取りましょう。転職したいと思ったメモから、嬉しいと思ったメモの個数を引くべきです。いくら嫌なことがあっても、嬉しいことがあれば続けられるはずです。また、嫌なことが全くないということもないでしょう。

 

メモの内容ですが、何があったかしか書かないのはいけません。その時、どう思ったか、どうしたかったのかも書いておきましょう。後で冷静になってから見直したら、自分も悪い部分があった、こうしたら起こらなかった、これは酷すぎるなど、その項目に対する評価が変わるかも知れません。その項目を消すなり、重みづけを変えるなりしても良いです。ただし、また同じ項目ができたら、それはもう消さないべきです。

 

さて、転職を決意した時になったら、転職したいと思ったメモと、嬉しいと思ったメモを見直してみてください。そこには、あなたが転職したい会社、したくない会社の条件が書かれているはずです。それを分類し、まとめて転職に活かしましょう。