転職活動は密かに実行すべし!

 現在、働きながら転職活動を開始しようと計画なさっている方は、いくつかの注意しておくべきことがあります。ほんのちょっとのミスで、決まりかけていた転職が白紙に戻ることも考えられますので、最新の注意を払って転職活動を行うようにしましょう。

 

 勤めている会社で働きながら転職活動をする場合、最もマズイのは「転職活動を会社の人間に知られる」ことです。転職を希望しているということは、現在の会社に不満があるということ。このように受け止められると、上司や同僚から嫌がらせをされたり、最悪の場合辞表を促されることも考えられます。

 

 仲の良い同僚や、絶対に信頼できる相手なら転職の相談をするのも良いでしょう。しかし、同じ会社の人間に話すということは、転職の話が漏れるリスクもあることを必ず理解しておくべきです。

 

 また、勤務中に会社のパソコンで転職探しをしていませんか?個人に与えられているパソコンとはいえ、会社の持ち物ですので注意が必要です。真剣に転職先を探している最中に、上司がふらっと立ち寄ってしまえばすぐにバレてしまいます。また、何かのタイミングで履歴を確認され、発覚することも。

 

【おすすめ情報】
30代の仕事探し
30代はキャリアアップを目指した仕事探しをしよう!

 

 いずれにせよ、勤務中は私的なパソコン利用は制限されていますから、自宅のパソコンや個人のスマートフォンで探すようにしましょう。このように、スムーズに転職を決めていくためには、まず第一に、職場の人間に知られないことが大切です。少しの油断で崩れてしまわないよう、気を引き締めて転職活動を進めていくようにしましょう。