自分の長所だけを考えよう

 転職の際は、場合によってはネガティブに考えてしまうこともあると思います。それは、自分の短所を見つけて、無理だと決め付けたり、不採用になったら自分を責め続けたりすることです。実際に自分の悪かった点などを、反省することは大切ですが、転職活動中はなるべくポジティブになるべきです。

 

 特に、自分の短所ばかりに目が行き、不採用になった結果と結び付けてしまうと、気分も落ち込み憂鬱な気分になります。つまり、逆の発想で転職活動中は自分の長所を良く知りましょう。特に、自分の長所は面接などの際に絶対に聞かれるし、仕事に生かせることも多いです。

 

 例えば、人と接するのが得意な長所を持つ人なら、それを面接官にアピールすれば印象は悪くありません。そして、人と接するのが得意な人は接客業全般でその長所を生かせることも出来ます。また、長所は過去の職歴などとリンクして考えるのも良いです。過去に働いていた業種や職種については、自分としても詳しいし、それなりのスキルはあるはずです。そのスキルを次の仕事に生かせられそうだったら、しっかりとアピールする事が大切です。また、自分が持っているスキルが生かせそうな求人を、探すのがベストだと言えます。

 

 他にも、自分が持っている資格や、経験などはしっかりと長所として受け止め、仕事探しに生かしていくことが大事になってきます。これらのように、転職活動の時は自分が何に特化しているか、しっかりと分析していけば、きっと良い結果も伴ってくると思います。