業界内での転職

 今している仕事に対しての疑問や、将来設計を考えた際の不安など、挙げればキリがない程出てくるのではないでしょうか。終身雇用体制が崩れてきている今、待遇・やりがいやステップアップを求めて転職する人も多くなってきています。では転職する際のポイントはどういうところでしょう。

 

 まずはやはり、金銭面などの待遇が最も大きいポイントでしょう。金銭的に評価されやすい会社ならば、仕事に対するやりがいも上がるでしょうし、それは仕事だけではなく、私生活でも自信につながっていきます。もし同じ業界での転職を行うチャンスがあるのなら、今まで積み上げたキャリアが強みにもなってハードルは低いので、積極的に狙ってみても良いでしょう。

 

 ただ、同業界と言っても会社ごとで業務範囲が違う場合があるので、この点は注意が必要です。以前の会社では複数人であたっていた業務が、転職先では一人で担当しなければならなくなり、業務の強度が違い過ぎて負担になり退職するというケースもあります。転職先がどういった業務の割り振りを行っているのかなど、可能な限り事前に情報を集めることが大切になります。

 

 これは、もっと大きな会社の方針についても同様です。転職先の会社が全く違う分野へ業務を拡大している場合なども、配属先によっては希望の職種と乖離してしまう可能性があります。転職の場合に求められるのは即戦力ですから、希望の業務に配置される可能性のほうが高いのですが、業務や人員の状況によっては望まない仕事を割り当てられる可能性も低くはないです。そういったことも踏まえて、情報収集をしておいた方が良いかと思います。