30代の転職者への支援

30代の方が転職する場合に気をつけたいこと

 30代の方々は転職市場では、買い手が数多ある年代です。理由として社会人として10年以上経過した経験豊かな方々ですし、何より多くのスキルを保有している方が多く即戦略として活躍していただけるためです。しかし、そんな買い手市場でも苦戦している方々は数多くいらっしゃいます。その方々には何が足りないのか。

 

 まず考えられるのがスキルが無い事です。会社に入社する時に取得した資格だけで、それ以上の資格が無い場合には面接官や人事から向上心が無い方と思われてしまい採用には至りません。そこでTOIEC等の英語のスキルがあれば別ですが、無ければ即戦力にもなりませんので採用は見送られてしまいます。

 

 次に考えられることが、役職を見られて採用に至らないことです。30代といえば何かしらの役職が付いている方が出てくる年代でもあります。最低でも主任、そして最大で課長クラスがいらっしゃいます。そんな中で役職が付いていない方と役職が付いている方が面接に来ましたら皆様はどちらの人材を採用したいと思いますか。多くの方々が役職を付いている方を採用したいと思います。

 

 そのため、上記のような項目が当てはまる方は転職活動では苦戦してしまうでしょう。そのため転職をするのではなく、その会社で一番を目指したり、または転職活動に向けて英会話スクールに通ったり資格の勉強をする等の行動を起こしてみましょう。すると良い人材として貴方のことを良く見ていただけることがございますので諦めずに励んでみましょう。

 

 

関連サイト
http://xn--50-414c767f3tdkz3bgdv.net/
50歳からの転職にはエージェントが不可欠